下取りと買取のちがい。

これを知らないと損をする下取りと買取の違い

下取りと買取の違い

 

 

 

下取りとは、新しく新車や中古車を買うお店に今まで乗っていたクルマを引き取ってもらうことです。
買い取りとは、買取専門店や買取業者に、新しいクルマの購入とは関係なく直接クルマを売却することです。

 

 

 

下取りと買取のメリット

 

下取りのメリットとしては、買うのも売るのも同じお店だと手間が省けるというメリットがあります。

 

ただし、中古車を買う専門家とメーカーの新車を売る専門家では査定額に違いがでてきます。

 

買取の場合

 

人気装備などが買取価格にダイレクトに反映され、高値がつくこともよくあります。

 

数店舗回ることで買取価格を比較でき、一番高い値段をつけてくれたところへ売却することができます。

 

お店が得意とするブランド(輸入車など)の場合、通常よりも高めの値段をつけてもらえることがあります。

 

但し、相場変動に敏感なため、いつ売却するのかが明確でないと低めの査定になるケースがあります。

 

下取りの場合

 

値引きできない分を下取り額で多少なりとも補填してくれることがあります。
他の買取店で高い査定額がついたとしても、下取り額をそれに合わせてくれることはほとんどありません。

 

人気車種や装備も買い取りに比べるとプラスになりにくく、あまり金額に反映されません。



 
3年毎新車を頭金なしで購入する方法 自動車査定・買取の知恵袋 国産自動車メーカー別査定・買取 海外自動車メーカー別査定・買取